生前墓 宇都宮市I様

先日は、我が家の寿陵(生前墓)建立にあたり、色々とお世話になり、ありがとうございました。
次男の私。以前から父や祖父母より、「家を建てたら、次はお墓」と言われていましたし、実家の土地や建物、それに市内にある、I家のお墓も、実家で両親と同居している長男一家が、いずれは正式に相続し、次男である私は、家もお墓も、分家初代として、自分で求めないとないといけないことは、分かってはいたのですが、何分まだ若かったですし、余裕もそんなに有るわけでは無かったので(お墓を建てるには、もっと何百万もかかると思っていましたので・・)、気にはなりつつも、何となく後回しにしてしまっていました。

最近は、テレビや雑誌でも「終活」の特集を、よく目にしたり、同世代の友人達が、終活セミナーに参加したり、生前墓を建てたりしたという話を、耳にするようになり、「まだ少し早い気もするけど、そろそろ考えてみるか・・」と思い始めた矢先に、タイミング良く、御社の折込チラシが、ポストに入ってきたので、これも何かのタイミングだと感じ、妻と一緒に、杉並木墓苑さんを見に行かせてもらいました。

初めは「まずは見るだけ・・」との、軽い気持ちで伺いましたが、明るい雰囲気の霊園で、園内も大変綺麗に、手入れがされていたので、場所もすぐに気に入りました。
Sタイプ(1.12㎡)とCタイプ(3㎡)とで、少し迷いましたが、偶然にも、近所の知人が数年前に建てた、生前墓が建っていたということと、Sタイプより少し占有面積が広めということで、妻と相談した結果、我が家はCタイプに、今流行りの洋風の墓石で、お墓を建てることになりました。

予想以上に自然と、トントン拍子に話が進みましたが、こうやって妻と二人の共同作業で、自分と自分の愛する家族達の為のお墓を作ってみると、なんだかホッとしたような、安堵感?安心感?(上手く表現できず、すみません)のようなものと、家族の絆を、あらためて感じるような気がします。
大切な愛する家族の為に、夫婦で一歩踏み出してみて、今回生前墓を、杉並木さんへ作ることができ、本当に良かったと、感じております。
長いお付き合いになると思いますが、これからも末永く、宜しくお願い致します。もし誰かいれば、是非紹介させて頂きます。

宇都宮市 50代 I様


このページの先頭へ