ペットと一緒に入れる墓地

ふぉーえばーペット

ふぉーえばーペット
ペットと共に眠れるお墓「ふぉえばーペット」
~愛するペットと一緒のお墓で永遠に~

日本は「少子・多ペット社会」とも揶揄される様に、近年では犬猫の飼育頭数が、15歳未満の子供の人口を、大きく上回っていると言われております。

実際に、「一般社団法人ペットフード協会・平成25年全国犬・猫飼育実態調査」によると、平成25年度の国内における、犬猫の飼育世帯率は犬が15.8%、猫が10.1%で、そこから推計される全国の推計飼育頭数は、犬1087万2000頭、猫974万3000頭だそうです。
飼育数の増加と併せて、ペットを尊重し、「家族」と同様に思い付き合う方々も、年々増えてきているように思います。

「家族同様」ということは、いずれ必ず訪れる、別れの時「死」に際して、私達人間と同様に、火葬し、骨壺に遺骨を納め、お墓に埋葬するといことも、もはや当たり前となってきております。
従来ですと、ペット専門の「ペット霊園」に、お墓を造り埋葬したり、自宅のお庭や、近所の林野等に埋葬することが多かったのではないかと思います。

しかし最近は、お客様から「死後ペットと離れ離れとなってしまうペット霊園に、家族である愛するペットだけを、別に埋葬するのではなく、家族の一員なのだから、死んだ後も永遠に、一緒のお墓で眠りたい」等のお声を多く頂戴しました。

そこで、家族の一員である愛するペットと同じお墓の中で、永遠に一緒に眠る事ができる、ペット同葬タイプのお墓を、ご用意させて頂きました。

墓石(石塔)やカロート(納骨室)は、飼い主様と一つの物を使う事も、各々分けて造る事も可能ですので、お気軽にご相談下さい。

ペット墓 お客様の声 宇都宮市 F様 50代女性

担当の有坂さんはじめ、墓苑の方々には、色々とお世話になっており、いつも何かとありがとうございます。

私達家族は、まさに家族同然の3頭の犬と、ずっと一緒に暮らしてきました。

この3頭の愛犬は、それぞれまだ赤ちゃん犬の頃から、家族皆で愛情を注ぎ、一生懸命世話をして、一緒に暮らしてきました。

勿論、躾や病気等、色々と大変な時も有りましたが、その何十倍もの愛や楽しい思い出を、私達家族に与え続けてきてくれました。ですが、人と同様に、その愛しく可愛い我が子達(愛犬のことです)との、幸せな生活も、永遠に続くことは無く、勿論命も有限で、私達と等しく、いつか必ず天に帰る時が来ます。

私も気付けば、50歳を過ぎました。振り返ってみると、本当に早いものです。

さすがにこの歳にもなれば、自然の摂理で、人も動物達も、例外無くいつかは必ず死を迎えるということは、勿論理解しているつもりでいますが、実際に可愛い我が子の一人が、天に帰ってしまった時、どうしようも無い程の虚無感、喪失感、孤独感等に襲われ、しばらくは日常生活もまともにできない程、精神的にきつかったです。

そして、続く時は続くもので・・・。愛犬が旅立ってからしばらくして、今度はその愛犬を一番可愛がっていた、優しかった義父が、天に旅立ってしまいました。

まるで可愛がっていた、あの子の後を追うように・・。そんな事が立て続けに有り、精神的に立ち直れない日々が続き、二人の死を、なかなか受け入れられず、過去の楽しかった思い出に、逃げる事が多かったです。

それから更に時は流れ、天国に旅立った二人の為にも、家族と自分の為にも、少しづつ現実と向き合い、二人の死を受け入れることが、できるようになっていきました。そんな時に、私を心配してか、近所に住んでいる、仲良しのお友達が、自宅へ訪ねてきてくれました。

彼女のお家でも、しばらく前に、愛犬を亡くしていた事は、聞いたことが有りましたが、色々と話をしてみると、その後彼女のお家では、市内の公園墓地で、人間と一緒に入れるお墓を作り、お骨を埋葬したということを、初めて聞かされました。

その数日後に、彼女と一緒に、彼女の愛犬が眠っている、杉並木墓苑さんに、初めて伺いました。その時に、丁度彼女のお墓作りを担当した、有坂さんを紹介してもらい、その日は少しお話を聞いて、資料をもらって帰りました。

霊園も、職員の方も、とても好感が持てたことも有り、すぐその翌日に再訪問し、義父と我が子が、そしていずれ私達も眠る、お墓を決めてきました。実は、杉並木さん以外の霊園にも、一応問い合わせだけはしてみましたが、やはり東京等の都会とは違い、色々な理由を言われ、ほとんどの所で、断られてしまい、寂しい思いもしていました。

中には、かなり酷い言い方をされた所も(犬畜●や動物は、人間とは違って、●●だから・・等)有り、問い合わせた事を悔んだりもしました。宗教や法律的なことは、よくわかりませんが・・。でもまあ、仕方がないのかもしれませんね・・。

今回葬儀をお願いした、神主さんと相談した結果、宗教上の理由も有るらしく、カロート(納骨室)は、私達が入る物の隣に、分けて独立した形で作ってもらい、その上に愛犬のお墓を、作ってもらいました。

私達は、●●(愛犬の名前)と一緒のカロートで眠っても、良かったのですが・・。愛犬と、死んでからも、ずっとずっと一緒にそばにいたい。
●●と、一緒のお墓で眠りたい。というのは、亡くなった義父の、たっての希望であり、決して口数が多くは無かった義父が、病床で口にした、唯一の遺言でもありました。

大好きだった、心優しい義父の希望(遺言)を叶える事ができる、愛犬と皆で一緒に眠る事のできる、素敵なお墓を作って頂いて、本当に感謝しております。来春も、桜やシャクナゲ等、色々な花を、皆で一緒に見る事を、楽しみにしております。

いつも色々とありがとうございます。

ペット墓 お客様の声 宇都宮市 N様 50代男性

先日は、我が家の大切な家族、愛猫●●のお墓建立と、納骨の際には、色々とお世話になりました。家族を代表して、心よりお礼申し上げます。

●●(愛猫のお名前)もきっと、喜んでくれて、今頃は安らかに眠っていると思います。

栃木県内にも、ペット専用のペット霊園は、何ヶ所か有ることは、知っていましたが、我が家の希望は、あくまでも●●と一緒に入れるお墓でしたので、その条件に合う霊園は、なかなか有りませんでした。

そんな時娘がインターネットで、御社のHPをたまたま見つけくれて(これもご縁ですかね)、私の休日に、家族皆で見学をさせてもらい、説明も受けて、雰囲気や設備も気に入ったので、その日の内に、墓地の場所と、墓石の契約をさせてもらいました。

お墓の中の納骨室(カロート)については、人間と一緒に入るか、もしくは人間とペットの納骨室を分けて、ペット用の納骨室を、別に独立して作るのと、どちらでも大丈夫、とのことだったので、今後末代まで守ることを考えて、我が家は、人間用とペット用の納骨室を、別々に作ってもらうことにしましたが、同じお墓の中に、隣合わせに作って頂いたので、きっと●●も、寂しさを感じることは、無いのではないかと、私は思っています。

私達の希望に合わせた、立派なお墓を作って頂いて、本当にありがとうございます。家族皆、とても満足しています。

長いお付き合いになるかと思いますが、これからも宜しくお願い致します。誰かお墓を探している人がいたら、是非紹介させてもらいますね。感謝。

ペット墓 お客様の声 日光市 S様 60代男性

この度は、愛犬●●と、●●家の為の、立派なお墓を建てて頂いて、誠にありがとうございました。●●(愛犬のお名前)は、まだ産まれて間もない頃に、知人から譲ってもらい、色々と大変な事も有りましたが、約10年という年月を、私達と共に過ごしてきて、私達にとっては、もう本当の我が子のような存在でした。

●●は、老犬でしたので、晩年は色々な病気やケガもしましたが、最後は私達に看取られ、老衰による安らかな旅立ちでした。

お墓に関しては、はじめは自宅の敷地内に、そのまま土葬するか、ペット霊園で火葬してもらってから、骨を埋めるか、ペット霊園に埋葬するか等と、考えたりしましたが、我が家の愛犬は、大型犬ということも有り、自宅に埋葬する案は、早々に除外しました。

火葬後、ペット霊園の合葬墓か、ペット専用のお墓(人様は入ることはできません)に埋葬する案に、傾きかけましたが、妻と子供達が、「●●とは、これからもずっと一緒の家族でいたい。絶対に他の家のペットとの合祀は嫌。●●は、家族の一員なのだから、絶対に一緒のお墓に入れてあげたい。」との思いが、大変強かったので、愛犬と一緒のお墓に入ることができて、管理もしっかり行き届いている、杉並木さんに、決めさせてもらいました。

契約する前に、実際にペットも一緒に眠っているお墓を、いくつか見せてもらい、詳しい説明もしてもいました。

家族で相談した結果、家は人様とペットのカロート(納骨室)を、別々に分けて作る設計ではなく、カロートは通常通り、設計してもらって、私達家族と一緒に、ずっと寄り添って眠れるタイプのお墓にしてもらいました。

この設計であれば、天国の●●も、ひとりぼっちで、寂しい思いをしないで、済むのではないかと。●●は、我が●●家にとって、本当の家族ですし、家族の想いを尊重したお墓ですので、これから皆で大切に守っていきたいと思います。

いつお墓参りに行っても、いつも綺麗に管理されていますし、和風庭園のような雰囲気も、家族皆気に入っております。杉並木さんに決めて、本当に良かったと思っています。
これからもよろしくお願いします。


このページの先頭へ