日光・杉並木墓苑 『樹木葬』

~日光杉並木の町で自然へ還る~
樹木葬

樹木葬専有面積

45×45cm(内、納骨スペース⇒約25×25cm)

樹木葬総区画数

437区画(全区画一律価格)

樹木葬の価格

①永代使用料⇒35万円(2名まで使用可、永代供養料込)

②管理料⇒5万円(¥1,000/年×50年分前納)

合同慰霊祭⇒春・秋 年2回(真言宗智山派・泉福寺による)

納骨手数料⇒税込1万円/1霊様

ネームプレート(希望者のみ、案内板に)⇒税込1万円

宗旨宗派⇒自由、不問

歴史のある、日光杉並木街道の町で、自然へ還る
日光杉並木墓苑は、日当たり抜群で、バリアフリーの苑内では、春はソメイヨシノを始め、様々な花々が咲き誇り、苑内清掃等の管理体制も万全です。

土の上に芝生を貼り、納骨スペースの上にも、基本的に何も置かず、お選び頂いたその場所で、土(自然)へ還り、永眠して頂くことができるシンプルな埋葬タイプの樹木葬(埋葬後の合祀墓への改葬等は有りません)です。

完全舗装された進入路・参道・大駐車場、管理事務所、法事会館等、設備・施設を整えております。

交通の面では、大沢I.C、JR下野大沢駅からも近く、アクセス良好です。

世界遺産である日光の社寺があり、世界的な観光地「日光」をはじめ、鬼怒川・川治・湯西川・塩原等の有名な温泉郷、北関東最大の都市・宇都宮へのアクセスも良好です。

樹木葬区画図 ※許認可が下りている為、完成イメージ図・区画図をご覧頂き、既にお申込みは受付ておりますが、着工⇒4月中旬頃、竣工⇒5月中を見込んでおります。
樹木葬 許可番号 日光市指令生安第959号
永代合祀墓 〃  日光市指令生第960号

尚、当墓苑の総区画数は、2323区画です。


樹木葬・お客様の声

日光市 50代 H様

お世話になります。

この前は色々とお世話になりました。

近頃は私の自宅にも、日光市内の樹木葬のチラシが、入るようになってきました。

先に入ったのは、確か市内にある、寺と神社のチラシだったでしょうか?

先に二ヶ所共、見学してきましたが、立地や作り等が、どうしても気に入らなくて・・。

おまけに、骨が土に還れない方式だそうで、更に決まった期間を過ぎた後は、その場所から出されて、他人と同じスペースに入れられてしまうらしく、短時間で話を切り上げて、帰ってきてしまいました。 同じ樹木葬区画なのに、ほんの少しの場所の違いで、使用料が跳ね上がることも、疑問に感じた点でしたね。

それと、杉並木さんとは違い、どちらのチラシにも、日光市役所からの許認可の情報が無かったですね。

まだ終活するには、少し早いかな?とも思っていましたが、聞くところによると、私達よりももっと若いお客さんも、大勢いるそうですね。

今では、あんなに綺麗な場所で、とっても良い買い物ができたと、満足しています。

これからが長いお付き合いですね。

末永くH●家を、宜しくお願いします。


那須塩原市 70代 F様

杉並木墓苑の皆様、過日は大変お世話になりました。

夫婦共々、本当に感謝しております。

さて私共は、家庭の事情で、早々より樹木葬墓地の購入を決めておりましたが、県北(栃木県)地区には、私共が知る限りでは、那須の方に一ケ所だけ、自然葬に近い解体の墓地は有りますが、実際に現地へ足を運んでみると、古い住宅地の、かなり奥まった場所にあり、砂利道と高い雑草で、乗用車で入ることも、なかなか骨が折れました。

墓地へ着いても、会社も事務所も建物すら無く、「何か有った時、一体誰がいつ対応してくれるのか?」と不安に感じました。

息子達に頼んで、インターネットでも調べてもらいましたが、杉並木墓苑さんのように、お役所からの許認可番号等の記載が、どこにも無く、ちゃんと開発の許可を取っているのか?と、益々不安になりました。

お墓も一応は、それらしい物は有ったのですが、普段から放置されているのか、管理もきちんとされているとは、思えませんでしたので、すぐに検討先から、除外させてもらいました。

その後も、宇都宮や県南地区等の樹木葬墓地を、実際に見てきましたが、場所や日当たりが悪かったり、土の中に、プラスチックの筒のような物が埋め込んで有り、自然に還ることができなく、後々には、そこからお骨を出されて、合葬墓へ撒かれてしまう物だったり、作りが粗末だったりと、あまり良い樹木葬墓地が無かったように思います。

今回、杉並木墓苑さんの樹木葬墓地と御縁ができ、契約することが叶い、夫婦共々、とても満足しております。

どうぞこらからも、素敵な霊園を守っていって下さい。

ありがとうございます。

宇都宮市 60代 T様

数年前に、テレビで終活という言葉を知り、それから色々と、終活についての情報を集め、数回ほど、終活のセミナーにも、参加しました。

エンディングノート等は、終活セミナーで、勉強をしていたのと、家族の理解と協力も有り、意外にも、早々と書き終えることができました。

そこでその後、私達の興味は、自分達がいずれ眠る、お墓の事に移りまして、近頃は、元気な内に、自分達で建てると、大変おめでたいという生前墓「寿陵」の事を、調べていました。

当初は、昔からある、御影石製の墓石を建立しようと、思っていたのですが、子供の事等、色々な家庭の事情も有り、後々の事も考えた結果、我が家には、樹木葬が一番合っているとの結論に達し、あちらこちら見学した後で、一番理想に近かった、杉並木墓苑さんの樹木葬に、自分達がいつか大地に還り、永い眠りにつく場所を、お願いすることにしました。

人間も遅かれ早かれ、皆平等に大地へ還る時が来ます。

自分が元気で動ける内に、精神的な余裕を持ち、子供達や周囲の人に、迷惑をかけること無く、自分達の眠れる場所を、前もって確保できた事に、とても安心感を覚えました。

他の霊園さんと比べても、こちらは本当に素晴らしい所だと思いますので、私は胸を張って、皆様にもおすすめさせてもらいたい。

末筆となりましたが、この度は誠にありがとうございました。

お体だけは気を付けて、これからも頑張って下さい。


宇都宮市 60代 A様

先日、樹木葬の●-●番を申し込んだ、A●でございます。

筆不精の為、文章を書くことは、あまり得意ではないのですが、樹木葬を申し込むにあたり、少しだけ感じた事等を、書かせてもらいたいと思いまして、ペンを取らせてもらいました。

先日伺った時にも、お話させてもらいましたが、日光杉並木墓苑さんに伺う前に、市内(宇都宮市)にある霊園や寺院を中心に、数ヶ所の樹木葬を見ました。

日光杉並木墓苑さんと比べてしまって、よそ様には申し訳無いですが・・、他の所は、お世辞にも綺麗で便利とは言えず、お墓の管理体制にも、疑問符が付きそうな所が、多かったように思います。

中には、敷地の中の、日当たりも悪そうな隅っこの場所に、「流行っているから、慌ててただ作りました・・」と思ってしまうような、粗末な作りの樹木葬も有りました。

よそ様と比べると、日光杉並木墓苑さんは、入った瞬間に、日当たりも抜群で、空も大きく開けていて、植栽も多く植えてあって、綺麗なお花達も、あちらこちらで咲いていたので、「わぁっ!ここは綺麗!」と、思わず言ってしまった程、大変好感が持てました。

幹線道路から霊園内に繋がる進入路や、園内の通路や、大きな駐車場も、全部アスファルトで舗装されていますし、法事会館まで備えていたので、実際の予定地を見る前から、「将来自分が土に戻り、眠る場所は、多分ここにお世話になるのだろうなあ・・」と、思っていました。

あと、説明をしてもらっていて、気になったことを最後に・・。日光杉並木墓苑さんでは、樹木葬も永代供養墓も、それぞれどちらも市役所からの許認可を受けてから、工事を開始したそうで、ホームページとチラシにも、許可番号が入っていましたが、理由はよく分かりませんが、よそ様の樹木葬を見に行った時には、その様な許認可を受けている話等は、全くされなかったように、記憶しています。

その許認可のお話も有ったので、安心してお願いする決断をすることができました。

あまりよそ様のことを、言いたくは無いのですが、買う側の立場、ましてや「永代的」に、自分がお世話になる、大切な聖地のことですから、もし無許可で造成販売している所では、絶対にお願いしたくありません。 乱筆乱文で失礼ですが、感謝の意も込めて、書かせてもらいました。

これから長いお付き合いが始まりますが、末永く宜しくお願いします。

鹿沼市 60代 E様

この度は、E●家の終活(お墓の生前申込)活動に、色々と御協力頂いて、誠にありがとうございました。

お陰様で、我が家の終活の、大本丸と考えていた、自分達のお墓選びがようやく済み、自分達の責任を、どうにか果たせたのかなあと、安堵の気持ちと満足感でいっぱいです。

お宅のような、素晴らしい霊園の、樹木葬墓地に決めさせてもらって、本当に良かったと思っています。重ね重ね、本当にありがとうございます。

担当の方のお話だと、他の皆さんも、やはり他の霊園も見学している人が、多いそうですが、我が家も鹿沼以外の霊園も含めて、何ヶ所かの霊園を見学してきて、最後に見学させてもらったのが、杉並木墓苑でした。

素人なりにですが、インターネットや本等で、主に関東近郊の樹木葬のことを、色々と調べてから、現地に見学へ行っていました。

我が家は、お骨が直接土に触れて、自然に還れる仕組みの樹木葬墓地でしたが、見学した霊園では、ほとんどがパイプのような物が埋めてあって、その場では自然に還ることができなくて、数十年後の契約期間満了時には、その場所から出されて、他人様と一緒に混ぜられてしまうという、合葬墓へ改葬されてしまう仕組みの樹木葬墓地が、とても多くて、がっかりさせられました・・。

最近県内(栃木県)に新しくオープンした、樹木葬墓地も、知る限りの場所は、一通り見学してきましたが、こちらもやはりパイプが埋めてあり、当然自然には還ることができずに、後々合葬墓へ改葬されてしまう仕組みの、樹木葬墓地ばかりでした。

そこで、最近インターネットで見付けた、杉並木墓苑へお話を聞きに行ってきましたが、まずは霊園自体がとても綺麗で、管理もよくされていることが、感じることができましたし、こちらは我が家が求めていた、自然に還ることができる仕組みの、樹木葬墓地でしたので、まだ工事に入ったばかりだそうでしたが、迷わず良い場所を契約してきました。

我が家のある鹿沼からも、多くの申込が有るとのですが、他にもお隣の宇都宮や、都会の方では、東京や神奈川や千葉県からのお客さんも、多くいるそうですが、遠くからも申込する訳が、分かった気がします。

これから自分達のお墓を探す方、是非一度、杉並木墓苑を見学しに行ってみてください。遠くの方も、一度見に行ってみても、損は無いと思いますよ。

大変満足です。ありがとうございます。

宇都宮市 60代 I様

皆様こんにちは。先日はお世話になりました。ありがとうございます。

杉並木墓苑さんに、見に行く前に、宇都宮だけでは無く、茨城、埼玉、群馬、一番遠方ですと、東京の樹木葬まで、何ヶ所も見て回りました。

東京もそういうタイプが多かったのですが、宇都宮市内で、まだ空きが有る樹木葬は、御影石のフタを開けると、よくホームセンター等に置いてあるような、グレーの塩ビパイプが埋めてあり、骨が直接土に触れない為、その場で土に還れずに、数十年後に取り出されて、他人様達と一緒に入らなくてはいけない、合葬墓?合祀ですか?の方へ、将来的には管理されている方に、お骨が移されてしまうそうな・・。

お骨が取り出された場所は、その後別の人へ、あらためて転売されるような仕組みなのかもしれないですね・・。

後は、急遽敷地内の空いていた場所に、無理矢理間に合わせで造成したのか?という、それはいくらなんでも失礼では?といった所や、土には還れるものの、その辺の裏山や雑木林を、「そのまま」利用と言えば、耳障りは良いのですが、ただ下草が少し刈られているだけの、ただの雑木林?という所等、私達のイメージとは、かなりかけ離れた樹木葬ばかりでしたが、他に良い所が無ければ、どこかで妥協して決めてしまおうか?とも思っていました。

しかし、たまたまインターネットで、杉並木さんを見つけ、樹木葬と永代墓が、近々分譲予定ということでしたので、すぐに見学に行きました。

5月中旬頃に完成予定ということで、まだ工事中ではありましたが、私達が希望していた、土に還ることができるタイプの樹木葬であり、とても綺麗な霊園だったということもあり、イメージ図と説明を聞いて、即決させてもらいました。

杉並木さんは、1名でも2名でも、基本的な使用料は変わらず、又、どこの場所を選んでも、他の霊園のように、価格が変わることも無く、全区画一律価格だったことも、好感が持てました。

私達素人は、他の霊園のように、なぜ同じ場所で、同じ広さなのに、価格が倍~数倍に高額化するのか?、全く理解できません。

長々と書いてしまいましたが、杉並木さんの素晴らしい樹木葬に決めることができて、大変満足しております。

今の時代に合っていると思いますから、他にも待っている人が、たくさんいるのではなかと思います。


東京都足立区 60代 F様

この度は何かとお世話になりまして、誠にありがとうございました。

JR下野大沢駅~貴霊園(杉並木墓苑)の間は、行きも帰りも、わざわざ送迎までして頂いて、本当に感謝しております。

私が申し込んだ後に、親類の者が、都内から貴霊園まで、車で伺ったそうなのですが、東北道を使い宇都宮まで行き、そこから日光宇都宮道路を使い、貴霊園から最寄りの、大沢インターチェンジまで、そこからは一般道で、5分かかるかどうか?と話してくれました。

インターチェンジが近くにあったので、思ったより近く感じたそうで、特に苦にはならなかったと言っていました。

帰りには、日光や鬼怒川を巡ってから、宇都宮界隈を観光して、宇都宮インターチェンジから、帰ってきたと言っていました。

今後また行くことが有れば、その時はまた、栃木県の観光名所を巡りたいと言っています。

担当に方に聞いたら、東京や横浜方面からも、多くの契約者がいるとのことでしたが、私もなるほどと思いました。

都内にもここ最近は、貴霊園の様に、樹木葬墓地を販売する所が、増えてきてはいますが、簡素で狭い所が多く、貴霊園の様に、あれだけ立派な樹木葬墓地は、私が見て巡ってきた中では、まず無かったと思います。

まあ、都内ですから、人口も建物も密集していて、土地も高いので、仕方が無いとは思いますが、私は東京で生まれ育ち、ずっと生きてきたので、今後は世界の日光で、静かに穏やかに、自然に還れたらと思っています。

御縁が有り、貴霊園と出逢えたことに、本当に感謝しています。本当にありがとうございます。

私の第二の故郷が、栃木の日光という、素敵な場所に決まり、とても嬉しく思っています。

これからも何かと、宜しくお願いしますね。
お陰様で安心しました。ありがとうございます。


日光市 60代 W様

色々な事情が有り、今の私には、お墓を守ってくれそうな、身内や知り合いも無く、自分が眠る場所(お墓)は、どうしたらよいのか?と、思い悩んでいました。

こんな私でも、死んだからといって、その辺にまかれて、ハイ、終わりでは嫌ですし、どこかの寺か神社にでも、もし預かってもらえたとしても、無縁だからといって、粗末に扱われたり、邪魔者扱いされたりするのは、本意ではありませんし、安らかに眠ってなんて、いられないでしょう。

市内(日光市)にも、永代供養や合葬(合祀)をしてくれる所や、杉並木さんと同じように、樹木葬をやり始めた寺も、何ヶ所か出てきました。

還暦を迎える頃になると、同じ歳位の知り合いの中で、本家(実家)のお墓に入れない、長男坊より下の、分家した知り合いの中に、一人、また一人と、自分のお墓を、生前に建てる人間が出てきて、三男坊で後継者もいない自分も、そろそろ自分のけじめ、人生を生きて来た責任として、自分の墓を建てることを、徐々に考えるようになりました。

ただやはり、お墓を守ってくれそうな人間を探すことが、今の自分には難しいことが、どうしてもどこかに引っかかり、先延ばしにしてしまって、今に至っております。

しかし、杉並木さんの樹木葬に、自分が土に還れる場所を決めてからは、気持ちも晴れ、肩の荷が下りた感じがして、とても安心できました。

杉並木さんは、他のお墓と違って、本当に明るくて綺麗ですし、法事会館が有るのも気に入りました。

お宅に縁が有り、お宅に決めることができて、本当に嬉しく思っております。

知り合いにも、私の様な境遇の人間が、何人もいるので、後で紹介します。ありがとうございました。
これからも宜しくお願いします。


宇都宮市 60代 I様

先日はお世話になりました。
我が家には、子供がいるにはいるのですが、仕事の都合で、遠方に居を構えていて、将来も宇都宮へ帰ってくることは、現実的にはまず無い、という状況です。

妻の内助の功も有り、数年前程前に、長年勤め上げた職場を、無事定年退職することができ、定年前にも、家族内でも、何度か話には上がったものの、子供達のことも有り、棚上げにしてしまっていた終活活動を、少し前から再開しました。

終活していく中で、私達の様に、自分達のお墓を建てても、後継者の不安が有り、その後のお墓守りの問題で、お墓を求めることに、踏み切れない家でも、後継者の有無を問わないで、永代供養も付いているので、子供達や孫達にも、先々で負担をかけることも無く、自分達で完結できるという、樹木葬という、新しいお墓の形を知りました。

同じように、子供達に負担をかけなくて済むという、永代供養墓(合祀墓?)にも、最初は興味が湧きましたが、死んでからとはいえ、全く知らない他人様の骨と、一緒に混ぜられてしまうことに、どうしても心情的な部分で抵抗と違和感が有り、私達の終活からは除外しました。

数年前までは、存在すら知らなかった樹木葬ですが、最近では、テレビや雑誌でも、よく目にするようになり、私達は子供の協力も得て、主にインターネットで、関東圏の樹木葬を調べました。

定年しているので、時間の余裕が有るということもあり、栃木県内はほぼ全ての樹木葬を見学済みでして、ドライブも兼ねて、東は茨城の笠間、西は群馬の高崎、南は埼玉、東京、神奈川、千葉辺りまで、数十ヶ所の樹木葬を見学してきました。

人も多い為か、栃木と比べると都会の方が、より多くの樹木葬が、分譲販売されていましたが、仕方ないのでしょうが、墓地に行くまでが大変だったり、場所が狭かったり、空いてる区画は、同じ敷地内なのに、何故か?異常に価格が高かったり、50年間等の定期契約?の条件で、土に還ることができず、最後は知らない他人様と、一緒に合祀墓に移されたり、立地があまり良くなく、ゆっくり休めそうもなかったり、日当たりや環境が悪かったり等々で、購入には踏み切れませんでした。

最後に地元栃木の樹木葬を、あらためて見学して回っていた時に、こちら(杉並木墓苑)の樹木葬の話が耳に入り、他の樹木葬を見終えてから、お話を聞きに寄らせてもらい、工事中の樹木葬予定地も見せてもらい、とても明るい雰囲気で、日当たりも良く、新緑も目にまぶしく、管理もしっかりされていると、好印象を持ったので、システムや費用等の説明を受けた上で、その場で申し込みをすることに決めました。

栃木県内にも数ヶ所、樹木葬は有りますし、これからも増えていくのだと思いますが、なかなかこちら(杉並木墓苑)の様に環境が良く、しっかりと整備管理された樹木葬は、無いのではないか?と思っています。

自分が決めたから、言うわけでは無いのですが、本当に良い所だと思いますので、私は皆さんにお薦めします。

最後になってしまいましたが、皆様お体にだけは留意され、今後共宜しくお願い致します。

日光市 50代 N様

先日は樹木葬の件で、色々とお世話になり、本当にありがとうございました。
杉並木さんには、樹木葬を早く作って欲しいと、以前よりお願いしていたのですが、いよいよ待ちに待った、私の理想通りの樹木葬ができるということで、早速先行受付に申し込んできました。

数年前より、自分達が眠る(土に還る)場所を、自分達でインターネット等で、色々と調べ始めて、栃木県や茨城県等の樹木葬を、何ヶ所も見学して回りましたが、なかなか私の理想に近い、樹木葬が見つからず、気持ちも落ち込み気味でしたが、お願いしていた杉並木さんから、ようやくお役所から、工事の許可が下りて、いよいよ樹木葬の工事が始まるとの連絡をもらい、完成イメージ図を見せてもらいながら、自分で決めた場所を、先行受付してもらいました。

自分の眠る場所を、土に還れる樹木葬と決めて、あちこち調べては、見学して回っていたのに、なかなか場所を決めることができず、なんだか心がモヤモヤしていましたが、自分の理想に近い、杉並木さんの樹木葬を決めてからは、心もようやく晴れて、なんだかすっきりして、ようやく安心することができました。

お役所の許可が下りるまで、色々とご苦労も有ったようで、少しだけ待ちましたが、無許可で作ってしまうと、後で大変だそうで、杉並木さんは、樹木葬も合祀墓の方も、両方きちんと、お役所の許可を、正式に受けてから、工事に入ったとのことで、これから使用させてもらう側からすれば、とても安心することができました。

まだ自分は、若いつもりでいるので(笑)、そちらで土に還って眠るのは、まだ先になるとは思いますが、今から完成が楽しみです。本当に、私の理想的な樹木葬を作って下さって、ありがとうございます。

心から感謝しています!友人達にも薦めますね!

宇都宮市 60代 F様

お世話になります。最近仲間内でも、終活の話題で盛り上がる事も多くなり、寿陵(生前墓)を建てたという友人も、年々増えてきて、「自分達もそろそろ・・」と、考え始めていた時に、杉並木墓苑さんとは違う霊園の、樹木葬のチラシが何度か入り、ネットや本等で調べてみたり、数ヶ所、程実際に見に行った事も有りました。

しかし、自分達のイメージした樹木葬とは、違う所が多く、購入を検討までは、した事も有りましたが、どちらもいまいち決め手に欠け、契約するまでには至りませんでした。

チラシやインターネットでは、立派で綺麗に見えた所でも、立地や交通の便が悪く、車で進入するだけでも、一苦労だったり、駐車場や通路等が狭くて不便だったり、納骨する場所に置いてある、石のフタを開けて、中を見させてもらうと、よくその辺にある、ネズミ色の塩ビパイプが埋めてあり、土に還る事ができない作りだったり、数十年後には、その場所から出されて、知らない人達と合祀されるシステムだったり、明らかに間に合わせで作った?と思われるような、墓地の隅っこのスペースを、無理矢理(強引に?)樹木葬墓地が作られていたり、管理が全く行き届いていなかったり、設備?が全く整っていなかったり等・・・

長々と他所様の愚痴?を、意図せず書き連ねてしまいましたが、これらの問題点を全てクリアして、私達の満足できる樹木葬に、この杉並木墓苑さんで出会う事ができ、嬉しさと感謝の思いです。

これからも末永く、宜しくお願いします。

樹木葬(樹林墓地)とは

樹木葬(樹林墓地)とは、「墓地埋葬等に関する法律(墓埋法)」に則り、墓地として許可を受けた場所へ、遺骨(焼骨)を埋葬(埋蔵)し、墓石(石碑)の代わりに、遺骨の周辺にある、樹木や草花等を墓標として、故人を弔う、新たな供養、お墓の形の一つであり、近年注目されている、「自然葬」の一つです。

一口に「樹木葬」と言っても、遺骨を埋葬する度に、新しい苗木を植えるケースや、墓地の中央にシンボルとなる樹木を植え、その周辺の区画に、遺骨を埋葬するケース、自然の山野を、ほぼそのまま使用するケース等々、実に様々な形があり、今後も進化を続け、様々な形の樹木葬墓地が、普及していくものと思われます。 ペットの動物葬では、以前から行われてきましたが、人間の為の樹木葬墓地は、1999年に、岩手県一関市に登場したのが、日本初と言われています。

公営霊園では、2012年小平霊園内に、都立霊園初の樹林(樹木)墓地が完成しました。 少子高齢化や、核家族化等も影響し、いわゆる「墓守り」をしてくれる、後継者不在の問題も、近年顕在化、社会問題化してきており、「永代供養」「永代管理」の機能も併せ持つ事も多く、又、従来型のお墓と比べて、経済的負担も少ない、この「樹木葬墓地」は、時代のニーズにも合致している点が多く、今後は更に進化を続けながら、全国的に分譲が進むものと、予測されております。

一時期多くなった「散骨」は、法律的には「合法」とも「違法」とも、はっきりと判断が付かない、いわゆる「グレーゾーン」の葬送方法であり、現在は「黙認」されているのが現状であり、散骨業者とのトラブルや、不法投棄の問題等々、トラブルも散見されております。 又、散骨の場合には、具体的な「心の拠り所」や「手を合わせたり、祈る対象」が無いか、あいまいといった事から、散骨後に後悔される方や、残りの遺骨を、樹木葬墓地等に改めて埋葬される方も、増えてきており、散骨を検討していた方々も、樹木葬等、散骨以外の方法を、再検討されるケースも増えているそうで、益々樹木葬に注目が集まっております。

杉並木墓苑について

栃木県日光市にある当霊園では、男体山をはじめ
日光連山を背にした緑豊かで風光明媚な静かな自然環境が
聖地として訪れる人を敬虔な気持ちにさせます。

杉並木墓苑の特徴

緑と陽光に包まれた永遠の安らぎを護るには非常に恵まれた最高の環境です。
市街地から至近、遠い親戚の方等が来られても大沢インターから5分以内で来られる便利な場所です。

法事会館(杉並木ホール・大駐車場)があります。3回忌・7回忌等の法事会場としてご利用できます。お食事もご用意しております。

宗旨、宗派を問いません。どなたでも利用できます。(寄付金などありません)
納めるお骨の有無は問いません。(最近は若い世代の方々が多く求めております)
抽選等はありませんので空いている処ならば好きな区画が自由に選べます。
(ご兄弟、ご親戚、友人同士並んで求めることができます)

ご見学、お参り等お車の都合がつかない時は無料送迎サービスがございます。

墓地、墓石のお求めにはローンや分割のご利用が出来ます。

お客様のご要望から新たなプランができました。くわしくはお問い合わせ下さい。

生前墓「寿陵」
小サイズ墓地「シンプルらいふ」
ペットと共に眠れるお墓「ふぉーえばーペット」

霊園をお探しの宇都宮市民の皆様へ

宇都宮環状線細谷交差点まで20分

安らぎの公園墓地・当霊園は、宗旨宗派が自由な、近代的な公園タイプの霊園として、平成7年8月に開苑致しました。 当霊園は、旧今市市猪倉(宇都宮市との市境、新里町と隣接。旧今市市大沢町より宇都宮より手前)の主要地方道大沢宇都宮線沿いに位置しており、一般道を使用しても、宇都宮環状線の細谷交差点より約20分、道の駅ろまんちっく村より約10分、新里街道の倉掛トンネルより約5分。有料道路である日光道(日光宇都宮道路)を使用しても、大沢I.Cが至近に有ります。

リーズナブルな価格設定

又、鉄道利用の場合には、JR下野大沢駅が、程近い位置に有る為、お車、電車、どちらで来られても、アクセスするには便利です。 交通の便が良い、恵まれた立地条件に加えて、宇都宮や、東京・横浜等首都圏の霊園と比べて、リーズナブルな価格設定。管理が行き届き(管理体制については、特に力を入れており、全国でも屈指であると、自負しております)、季節の花々が咲き誇る、和風庭園のような苑内。法事会館をはじめ、充実した設備。きめ細かいサービス等が、御好評を頂き、至近の宇都宮は勿論、東京・横浜等首都圏にお住まいの方々からも、多数のお申し込みを頂いております。

旧今市市の南・宇都宮至近

当霊園のある、旧今市市も含め、現在の日光市域(旧今市市、旧日光市、旧藤原町、旧足尾町、旧栗山村の5市町村)では、数年前に市町村合併が行われ、新たに新「日光市」となり、現在に至っております。 当霊園は、宇都宮市と隣接している、旧今市市猪倉(旧今市市大沢より、更に宇都宮寄りです)にございます。 合併後の新住所が、「日光市猪倉」となった為、未だによく「旧日光市」と混同されがちで、宇都宮にお住いの方の中には、「日光じゃ遠過ぎるよ・・」等と、旧日光市と誤解されて、そのようにおっしゃる方も、少なからずいらっしゃいます。

一見の価値あり

しかしながら一度実際に、当霊園まで、足をお運び頂いた方からは、「日光というから、東照宮や奥日光を連想してしまい、もっと遠いのかと思ったら、宇都宮のすぐ隣で、こんなに近かったたんだね。」「日光といっても、元の今市なんだね。大沢インターより近いんだね。」「環状線から新里街道に入ってからは、一度もどこも曲がらないで来られて、とってもわかりやすかったし、環状線から20分位、ろまんちっく村からは10分かかるかかからないかで、思ったより随分と近かったよ。」等と、「予想以上に近かった」とのお声を、多数頂戴しております。

宇都宮のお客様も多数

宇都宮方面からお越しになる場合には、道の駅ろまんちっく村、道の駅日光ニコニコ本陣、今市そば、鬼怒川、湯西川、日光二社一寺、奥日光等、当霊園での墓参や法事の行き帰りに、近くに豊富にある、観光名所へ立ち寄られるお客様も多いようです。 これも立地の良さの一面でありましょう。 お客様からの御要望にお応えする形で、新たに分譲を開始した、小サイズ墓地(1.12㎡、墓地永代使用料+墓石工事代=税込¥780,000~)が、数年前に完成してからは、宇都宮をはじめ、市外県外からのお客様が、更に増えてまいりました。

墓地の比較検討候補に

宇都宮にもまだ数カ所程、新規の墓地を分譲している、霊園もありますが、複数の霊園を見学、比較検討されて、当霊園をお選び頂くお客様が、年々増えてまいりました。 近年では、インターネットの普及に伴い、当霊園のホームページ(http://www.suginamikiboen.jp)を御覧頂き、お申込み頂くケースが、目に見えて増えてきており、今後は更に増えて行くものと思われます。

無料送迎サービスあり

人員と時間に限りが有る為、ある程度の条件は、設けさせて頂いてはおりますが、当霊園では開苑以来、お客様の無料送迎サービスを、継続して行っており、宇都宮在住のお客様にも、御利用頂いており、大変御好評を頂いております。 条件や詳細に関しては、お申込み時等に、お気軽に御相談下さい。 宇都宮をはじめ、市外県外にお住いの方も、お気軽にお問合せ下さい。
トピックス
トピックス

霊園について

霊園と墓地の違い

厳密に言うと、法律的(墓地、埋葬等に関する法律)には・・

「墓地」
墓地とは、墳墓を設けるために、墓地として都道府県知事(市又は特別区にあっては、市長又は区長。以下同じ。)の許可を受けた区域をいう。(墓埋法・第一章第二条5)
「霊園」
墓埋法には定義が無く、「霊園」という言葉自体の記載無し。

ですが、世間一般的には・・

「墓地」
寺院や神社の境内墓地。又は昔ながらの共同墓地、地域の墓地等。
「霊園」
地方自治体による公営霊園。社寺等の宗教法人や財団法人が経営母体ではあるが、実質石材店等の企業が運営代行している墓地。

霊園(墓地)の永代使用料

墓地の「永代使用料」とは、その墓地の決められたある区画を、永代的に使用する権利(永代使用権)に対する対価です。

墓地は、一般の土地とは違い、所有権はあくまでも、その墓地の使用許可を受けている、宗教法人や地方自治体のままで、所有権の割譲や移動等を行うことは有りません。
勿論、永代使用料を納めた永代使用権利者を、登記簿に登記することも有りません。
あくまで、「墓地のある区画を、永代的に使用する(永代使用権)を購入する費用」という考え方です。

霊園の年間管理費

杉並木墓苑では、苑内の進入路、各参道、駐車場、緑地帯、植栽、水汲み場、各休憩施設、管理事務所、法事会館等の、苑内の各共用施設の、清掃、維持管理業務、事務業務、光熱費等を、年1回(毎年2月御請求→3月末日までにお支払)お納め頂く、年間「管理費」により、その他の寄付、お布施、護寺会費等はございません。

尚、お客様が永代使用権をお持ちである、お客様の墓地(墓地区画、お墓、墓所、外柵、墓石等)の中に関しては、墓地の所有権(墓地の永代使用権者はお客様が決めた、御名義人様にあり)が、宗教法人(杉並木墓苑の場合は、こちらに該当)や地方自治体等にあるのに対して、墓石(石材、外柵、墓石、石塔等)の所有権は、お客様側にあり、各墓石材等の破損や汚損等、万一のトラブル防止の為にも、基本的にはお客様が御自身の責任において、維持管理して頂いております。

霊園とお寺の違い

一般的な解釈として・・

「霊園」
寺院所有の境内墓地以外の墓地で、事業主体が①地方自治体②公益法人③宗教法人(宗教法人名義ではあるが、実際の管理運営は、石材店等の一般企業が代行)で、基本的に宗旨宗派が自由で、ある程度の広さがある墓地。
「お寺」
寺院所有の境内墓地等。 一般的には、①その寺院の宗派であること ②その寺院の檀家であること 等が、墓地購入の際の条件となる場合が多いようです。
又、檀家になると、寄付や護寺会費等を納める義務が生じる場合も多いようです。

と、上記の様に、おおまかに分けることができます。

霊園と宗旨宗派

上記の様な一般的な解釈の「霊園」では、一部を除き、基本的には宗旨宗派が自由であることが多いのに対して、寺院や神社所有の墓地では、その所有者である寺社の、それぞれ檀家・氏子でないと購入不可の場合や、その寺院の宗派でないと購入不可の場合が多々有ります。

「霊園」の範疇に入る、杉並木墓苑では、寺社の檀家や氏子である必要は全く無く、宗旨宗派も完全に自由ですので、どの様な宗教観をお持ちの方でも、使用規則を遵守して頂ければ、どなたでも御使用できます。

霊園 納骨の手順・費用

杉並木墓苑及び指定石材店株式会社秀峰では、事前連絡の上、火葬・埋葬許可証(墓地の管理者に5年間の保管義務が有り、許可証の提示が無いと御納骨することは墓埋法により禁止されています)をお持ち頂ければ、特に回数制限は設けずに、お客様の御納骨に関しては、無料でお手伝いさせて頂きます。

他霊園や他石材業者では、初回から有料であったり、初回の御納骨作業は無料であっても2回目以降は有料となる場合が有るようです。


このページの先頭へ